犬の親子判定検査

犬の親子判定検査

  

親子判定検査は、父·母·子の3頭検査が必須です。
片方の親だけでは精度が落ちてしまうため、3頭が揃わない場合の検査は受付いたしかねます。

父候補が複数頭存在し、検査実施頭数をご検討の際は、以下をご参照ください。
■同時に生まれた兄弟姉妹について
異なる父の遺伝子を引き継いでいる可能性があるため、全ての子を検査することを推奨します。
(例) 子5頭のうち、3頭は父候補Aの子で、2頭は父候補Bの子

■父候補が2頭存在する場合の、検査の優先順位について
父候補2頭ともに検査することを推奨しますが、どちらか1頭のみの検査を希望される場合は、父ではない可能性が高い個体を選出されることをお勧めしています。